now loading

    HOME » リニアガイド » 定格寿命2

    稼働状況を反映した定格寿命

    転動体がボールタイプの定格寿命

    \(\large L=\left( \frac { { f }_{ H }\cdot { f }_{ T }\cdot { f }_{ C }}{ { f }_{ W } } \cdot \frac { C }{ P } \right) ^{ 3 }\times { 50 } \)
    \({ f }_{ H }\)  : 硬さ係数
    \({ f }_{ T }\)  : 温度係数
    \({ f }_{ C }\)  : 接触係数
    \({ f }_{ W }\)  : 荷重係数
    作用荷重
    基本動定格荷重
    fh
    ft
    fc
    fw
     N
     N
    定格寿命 

    転動体がローラタイプの定格寿命

    \(\large L=\left( \frac { { f }_{ H }\cdot { f }_{ T }\cdot { f }_{ C }}{ { f }_{ W } } \cdot \frac { C }{ P } \right) ^{ \frac {10}{3} }\times { 50 } \)
    \({ f }_{ H }\)  : 硬さ係数
    \({ f }_{ T }\)  : 温度係数
    \({ f }_{ C }\)  : 接触係数
    \({ f }_{ W }\)  : 荷重係数
    作用荷重
    基本動定格荷重
    fh
    ft
    fc
    fw
     N
     N
    定格寿命 

    1. 硬さ係数・・リニアガイドの転動面の硬さによって決まる係数

    2. 温度係数・・リニアガイドは温度が上がると硬さの低下が起こり、定格荷重が減少します。

            温度よって決まる係数を乗じます。

    3. 接触係数・・1レールにブロックを複数密着して使用する場合は精度が影響してきます。

            個数によって決まる係数を乗じます。

    4. 荷重係数・・使用速度や振動、衝撃は寿命に大きく影響します。

            速度や衝撃の頻度によって決まる係数を乗じます。