now loading

    HOME » 電気 » 電圧 V=I・R

    電圧 V=I・R

    オームの法則V=I・Rの式から電圧・電流・抵抗をそれぞれ計算します。

    \( \large V=I \cdot R \)
    \(V \) :電圧 (V)
    \(I \) :電流 (A)
    \(R\) :抵抗 (Ω)

    2ヵ所入力すると残りの1つが計算されます。

    入力
    計算結果
    電圧
     V
    電流
     A
    抵抗
     Ω

    1. オームの法則・・電気回路の2点の間の電位差が、流れる電流に比例すること。

              比例係数は電気が流れる導体よって定まり、抵抗や電気抵抗と呼ばれる。