now loading

    HOME » コイル » コイル(並列)

    コイル(並列)

    並列につないだコイルのインダクタンスの合成値を計算します。

    計算式
    \( \large \frac { 1 }{ L } =\frac { 1 }{ { L }_{ 1 } } +\frac { 1 }{ { L }_{ 2 } } +\frac { 1 }{ { L }_{ 3 } } +\cdot \cdot \cdot \)
    \(L\)   : インダクタンス合計値
    \(L_{ 1 },{ L }_{ 2 },{ L }_{ 3 }\cdot \cdot \cdot \)  : 各コイルのインダクタンス
    入力例
     100
     200
     300
      ・
      ・

    インダクタンス
    合成値 

    1. インダクタンス・・コイルを流れる電流の大きさが変化した時に電磁誘導によりそのコイルや

               他のコイルに発生する起電力の大きさ

    2. コイルが3個以上でも計算できます。